MOTHER3の「おもいでー」

アクセスカウンタ

zoom RSS 『MOTHER3プレイ日記〜バルの冒険記〜』の気持ち。

<<   作成日時 : 2006/05/20 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は、俺がこのブログに込めた想いを綴っていきます。なるべくネタバレは抜きたいと思うので、これからMOTHER3をプレイしようとしている人も、宜しければ読んで戴きたいと思います。

↓ランキング参加中。宜しければクリックお願いします。
ブログランキング

実は、一昨日、一度俺はこのブログを書くのを辞めようと思いました。

発売日からこのプレイ日記を書き始めて、ほんと、ブログのために、毎日ちょっとずつしかプレイできなくて。周りの皆が、「もう7章までいったよ」とか、「クリアした」とか言ってる中で、一人取り残されたようにチマチマプレイしているのがしんどかったってのもあります。
あと、だんだんMOTHER3をプレイする目的が、だんだんブログのためになっていくような気もしました。

俺がブログを辞めようと思った主な理由は、そんなところでしょうか。

正直なところ、ほかに、大してコメントとかトラバが貰えなったから、なんて低レベルな理由もあったりするんですが・・・。

しかし、そもそも何で俺がこのブロブを立ち上げようかと思ったかという初心にかえってみると、自分なりにMOTHER3を100倍でも1000倍でも楽しんでやろうという、そんな思いからでした。
誰もが心待ちにしていたMOTHER3、一度は64で発売されようとしていたのに、GBAになってスペックが落ちてしまったMOTHER3、しかし作者の糸井さんは、そんなMOTHER3に対して、こいういう言葉を贈っています。


「MOTHER3は、あなたの想像の余地をたっぷり残してある遊び場です。あなたが、たくさん思えば、「MOTHER3」は大きくなります。たくさん感じれば、深くなります。楽しんでくれるほど、育ちます。」(ほぼ日刊イトイ新聞より)


そしてこの言葉を受けて、俺は「MOTHER3」をしっかり育ててあげるぞと決心しました。それが形になったものが、このブログであるわけです。

確かに、書いていくうちに、ちょっとしんどいな、という思いも沸いてきました(そう、これも俺が辞めようとおもった理由のひとつに数えられます)。こんなことばっかやってていいのかと。こんな・・・アキバチックなこと・・・orz(いや、もう充分ヲタクな気がします;)

しかし、MOTHERのイチファンとして、俺は随分前からこのゲームの発売を待ち望んでいたし、それにこれは、それだけのことをやれる、充分な価値のあるゲームだと思いました。
だって、糸井重里という大物人物が、12年もの歳月費やしてようやく完成させたゲームなのだすから。

しかしながら、アマゾンなどのレビュー記事を見てみると、確かに、「感動した」ということばもあったんですが、「がっかりした」という意見の方が正直、多く寄せられていました。それは、糸井さんも予想していたことで。やっぱり、ファンが増えれば、それだけ多くの人に納得して貰えるような作品はなかなか作れるようなもんではありません。でも、俺は正直なところ、そういったレビュー記事を読んで哀しくなりました。

他人の感想に、異論を唱えることはできません。「これは本当に面白いゲームなんだ、だからもう一回遊び直してみろよ!」なんて押付けみたいなことは、できません。
ただ、俺が、「お前はMOTHER3やってみて楽しかったのか?」と訊かれたとき、「YES!」と声を大にして言う自信はあります。まだクリアはしていませんが、しかし今の時点でも、充分満足しています。それは、本当にこのゲームが(少なくとも、俺にとっては)素晴らしかったのもあるだろうし、それにプラスα。プラスα、俺がこうやってブログにその面白さを書き綴ってきたことで、MOTHER3が俺の中で成長していったためでもあるでしょう。

特に、キャラクターへの感情移入は、深いものとなりました。このブログでは、バル、ブラント、カジサン、トッチーというように名づけられた主人公キャラクターたちですが、彼らはこのブログの管理人の中では、自分の分身のような存在となりました。


もう一度原点に帰って、このブログを書き続けていこうと思います。
じゃあ、このブログの目的というものはなんなのか、というと、


このブログの管理人が、MOTHER3を1000倍楽しむため


・・・という、非常に個人的な理由になります・・・。やっぱり、ひとりのマニアの自己満足のブログだよー。そういう風に思われても仕方ないし、事実そうです。

しかしながら、そんな個人的なプレイ日記を他のMOTHER3プレイヤーに読んで貰って、「ああ、そういうのあったね」とか、「そこの展開、わたしも好きなんですよー」とか、「へえ、そんなのもあったんだ、気付かなかった」とかコメントいただけたら、凄く嬉しいです。また、「このブログでは言及されてないけど、わたしは、ここのこういう部分が好きだった」というコメントも、是非いただきたいと思います。
そしてもし、まだプレイしていない人がこれを読んだとして、「へえ、楽しそうだな、俺もプレイしてみようかな」と思ってくださって、ファンの仲間が増えたとしたら、それこそ最高です。


現在、プレイ日記は第四章の中盤あたりに進んでいます。ようやく、全体の半分までたどり着いたってところでしょうか。あとどれくらいでエンディングにたどり着けるかはわかりませんが、頑張って更新を続けていきたいと思います。



追伸:
これからMOTHER3をプレイしようと思ってる方へ、ここのブログの管理人なりの、遊び方のアドバイスみたいなものを伝えます。
俺みたいに、プレイしながらブログや日記を書け、とは言いません。決して、早解きしようと焦らず、毎日時間を決めるなりして、ゆっくり、じっくり、週に一度のテレビアニメやドラマを待ち遠しく思うように、プレイしてみてください。
そして、このゲームはそういった遊び方をする人ように作られているといっても過言ではありません。このゲームには、これまでのシリーズよりも、凄く短い間隔にセーブポイント(カエル)が置かれているからです。

こちらのカエルから、あちらのカエルまで。
そういった楽しみ方ができるのも、このゲームの「おもしろい」ところです。

「つぎにあう カエルによろしくね」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『MOTHER3プレイ日記〜バルの冒険記〜』の気持ち。 MOTHER3の「おもいでー」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる