MOTHER3の「おもいでー」

アクセスカウンタ

zoom RSS 第四章(9)

<<   作成日時 : 2006/05/22 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第四章完結編!・・・ってか、実はもう話すこと残ってねえっす!

↓ランキング参加中。面倒臭いだろうけど、是非両方ともクリックお願いします(><)
人気ブログランキング

ブログランキング

まあ、でも、ここはタメキチとDCMCメンバーの別れのシーンだから、書いておこうと思うんだよね、うん。

ってなわけで、バルたちにとってみたらあっという間のDCMCメンバーとのお別れなんだけど、カジサン、いや、タメキチにとっては3年間付き添ってきた仲。3年間なんて・・・大人になったら時間なんて短いもんだけど、実質は、そうだね、高校1年から部活始めたとして、3年で卒業。そのころ、部活も引退する。その3年間と、同じ長さだ。皆、その高校のときの3年間を思い出してほしい。やっぱり、悲しかっただろ。
・・・って、高校のときと同じ扱いすんなよってか?うん、まあ、それもそうだね・・・。

大人には、大人の仲間付き合いってものがある。酒も酌み交わしたりしただろうし、何より、一緒にいる時間が長いじゃないか。皆同じ仕事で集まってる仲間だ。時には、一日中一緒にいることもある。そうなりゃもう、兄弟じゃないか。
そして、カジサンはそんな風に、仲間と今まで付き合ってきたんだ。

その仲間との別れ・・・ほら、ようやくこの切なさが理解できただろう。胸を打ってくるだろう。でも、いつかは誰しも、別れのときが来るんだよ。

そして、カジサンにはもう一つ、別れがあった。それは楽器、ベースとの別れだ。幼い頃から泥棒の訓練ばっかで、楽器なんて3年前初めて触ったカジサン。最初は巧く弾けなくて、何度も挫折しかけた。でもやっていくうちに、だんだん弾けるようになった。
弾けるようになった次は、仲間とのセッションだ。やっぱり最初はうまくいかなくて、何度も客から野次を飛ばされた。でも仲間が支えてくれて、だんだん合うようになってきて、それで、音楽というものの楽しみを知った。
タメキチ、タメキチ!いつからか、ファンからも自分の名が叫ばれるようになった。

楽器、そして仲間。この二つは、カジサン、いや、タメキチにとって、掛け替えの無いものだった。いつも、傍にいるもの。傍で、支えてくれるもの、楽しいやつら、そして、生きがい。
例えるなら、それこそ「家族」のようなものだったに違いない。

でも、それを離れちゃうんだね。しょうがない、人は皆旅人だ。永遠に一つのところにとどまっているわけにはいかない。
ただ、記憶というものはいつまでも残るよ。自分の心に、そして別れる皆の心に。それは抜け殻のように不確かなもののような気もするけど、実はそれこそが永遠なんだよ。

ボンボヤージュ・アミーゴ

友よ、元気でな。

どうか、元気で。

そして、

またな。

名曲Pick up

「145:タメキチズ・ルーム」

「146:ボンボヤージュ・アミーゴ」も名曲だけど、この曲も押さえておきたい。2をプレイしたことある人なら思わずニヤリ。皆気付いたと思うけど、なんと、「おばけテント」や「やどかりデビル」との戦闘の時の曲なのである。ベースのメロディがイカスこの曲を、ベーシスト・タメキチの部屋で起用するとは・・・何とも、イカス・・・☆
でも、正直なところ最初は、「何で戦闘時の曲がここで流れてんだろ」とか不思議にも思ったんだけどな;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第四章(9) MOTHER3の「おもいでー」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる