第五章(1)

第五章のスタートです。

↓ランキング参加中。面倒臭いだろうけど、是非両方ともクリックお願いします(><)
人気ブログランキング

ブログランキング

ってか、ブログ管理人、実際には第七章まで進んでて、第五章のことなんて覚えてるの?って思われるかもしれませんが・・・。










実は、もう一つのセーブファイルを作ってました・・・(笑)。











うん、今までもこれで何度も繰り返し、ふかあくふかあくプレイできてたってわけですな・・・。
実に、ご苦労様なことで(爆)。

で、今回の目的。実はカジサン、タマゴをムラサキの森に倒れていたコケむしたネンドじんの中にかくしたらしい。と、いうわけでムラサキの森の奥へと入っていくことにする。

が、その手前の洞窟がある。いきなりガバッとか、モンスターが襲い掛かってくるのだろうか・・・用心して、中に入ることにする。

・・・と、










温泉があった!












・・・いきなり緊張感がスーッと音を立てて抜けていく・・・。なんだよー、ビビらせんなよー・・・。
しかも、温泉には変なじいさんが浸かっているし・・・。声かけると、「何か?」って言われちゃったよ・・・。いや、別に用は無いんだけどさ。

あと、洞窟の出口付近にいるモグラからはアイテムが買えるし。何だ、この安全地帯。もう気持ちは、始まりからユルユルである・・・。

で、どーせなんだから、いっそ、










一旦、タツマイリ帰っちゃおうか?











・・・そんな考えが浮かんできた。

イベント拒否!・・・いや、いや。イベントの前に、カジサン、ちゃんと無事だったよって、元気な顔ウエスさんに見せなきゃだめでしょ、ね、そーしましょ、ってんで、道を引き返すことになった。


で、ウエスさんとカジサン、3年振りの親子のご対面です。
またいきなり、「ばかもの~!」とか、「あほーっ!」とか言われるんじゃないかと多少ヒヤヒヤしたが・・・。




・・・何か、泣きそうだった。ウエスさん。





そりゃ、そうだよね・・・。3年前はあんなに「あほ」「あほ」言ってたけど、やっぱいなくなってからは、さぞかし心配してたんでしょうし。
でも、正直なところ、カジサンの記憶はまだ戻っていない。やるべきことをやってから、再び帰ってこよう。そう思い、バル一行は、シルバーハウスをあとにした。

名曲Pick up

「27:いい湯かな」

ゆったりした感じのいい曲。聴くだけで、ほんわか湯気の中にいるような気分になってしまいます。
でも、よく聴いてみたら「98:ひらけゴマどうふ!」のアレンジバージョンだった・・・今日気付いて、びっくり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック